いざという時のキャッシング

私が初めてキャッシングを利用したのは、賃貸物件を転居する際に想像していた以上の修繕費を請求されてしまい、運悪くその時にたまたま手持ちのお金が底を尽きかけていた時でした。

 

お金を借りるという行為は一般的に恥ずかしい行為と思われていると思いますし、自分自身も他人に相談するのがとても憚れる行為でした。

 

その点、キャッシングは実際の人間関係に被害を及ぼす可能性が低いのがメリットだと思ったのです。

 

借りる際にあまり利息の知識などなかった為に、月々の返済においては結構苦労をしました。

 

毎月の給与における生活費のバランスを崩すことになってしまい、粗食生活を強いられたり、他の支払関係が滞ってしまったり、無計画だったことを痛感させられました。

 

その後は幾度となく借入を行ったのですが、やはり最初の経験が身に沁みていたので、利息計算もきちんと行い、毎月の収支のシュミレーションを欠かさなかったので、当初ほどの苦労を味わうことはありませんでした。

 

やはり借入の際は納得できるまで計画をたてることが一番重要だと思います。

 

キャッシングを利用したい時

キャッシングを利用したいと思うときは、手持ち金が少なくなってしまい食べ物を買うのにも困った時です。

 

そんな時にキャッシングを利用できたらいいのになあと感じます。

 

お金を借りたら当たり前のことですが期日までに返済しなければなりません。

 

なので返済できる額を借りないと大変なことになります。

 

キャッシングでお金を借りるときにはどうしても必要だと思う金額にしようと決めています。

 

安定した会社に勤めていてそれなりの給料を使っている人がキャッシングを利用するとしたら海外旅行に行きたいからなど贅沢な理由で借りるんだろうなあと想像します。

 

キャッシングで高額のお金を借りたとしてもきちんとした会社に勤めている社員なら毎月きちんと借りたお金を返済することができるからです。

 

アルバイトやパートの人は給料も少ないしリストラされてしまう可能性もあるので大きな金額を借りることはできません。キャッシングを利用するときにも勝ち組と負け組に分かれるんだなあと思いました。