急な出費の時やむを得ずキャッシングを利用しています

私の両親は借金をしないで頑張って来たので、それを見てきた私も借金をしないようにとがんばっています。

 

ですからいつもお金は計画的に使うようにして、お金が不足する事がないように心がけているのです。

 

ですがどんなに自分では計画的にお金を使っていたとしても、周囲の理由によりお金が不足してしまう事があります。

 

例えば飲みに誘われた時です。

 

こちらがお金が乏しくて、お金を節約したいと言う時でも、飲みに誘われたら行かなければならない時もあります。

 

そんな時はお金が足りなくなる恐れがありますから、私は事前にキャッシングでお金を借りておくのです。

 

そうすればお金が足りなくて恥ずかしい思いをする事もありませんから、楽しく飲む事が出来るのです。

 

また他にも、ご祝儀やお香典を出さなければならなくなった時や家電が急に壊れた時も、キャッシングでお金を借りています。

 

キャッシングがないと急にお金が足りなくなった時に対処する手段がないので、キャッシングは私にとって打ち出の小づちのような存在なのです。

 

結婚式に呼ばれるとたくさんのお金がかかります

私がキャッシングを利用したくなるのは、友人の結婚式に呼ばれたときです。仲良しの友達が結婚するのはとても嬉しいことですよね。もちろんお祝いに駆け付けたい気持ちです。

 

しかしながら、結婚式というのは呼ばれた方もとてもお金がかかるのです。女性であればヘアメイクのお金がいりますし、ドレスも必要です。ドレスは毎回買い替える必要はないと思います。しかしながら、毎回同じというのも味気ないですし、ドレスを買いかえないとなれば、小物(ストール、ボレロ、バッグ、アクセサリー)に変化を持たせなければなりません。

 

また、結婚式というのは新しい出会いの場所であったり、同窓会的な場所になることもありますよね。だから、キレイになったと思われたいですし、歳を取ったとか生活に疲れていると思われたくないのも女性としてのプライドなのです。

 

また、最近の結婚式はカジュアルさを重視するあまり、交通費やホテル代の全額負担がない場合もよくあるのです。お祝いをしたい気持ちからもちろん出席しますが、それらの出費はかなり高額です。

 

そんなとき、キャッシングコーナーの前を通るたびについ寄り道したくなる衝動に駆られるのですね。